wagonwheelarts

「サーイエッサー」そうです皆さん。ベトナム戦争映画金字塔。ついについに「フルメタルジャケット」です。
1987年 スタンリーキューブリック監督の映画ですね。
監督がベトナム戦争に参戦してますから、やっぱり雰囲気が出てますよね。
この映画で特筆すべきは、やはり鬼軍曹の代名詞のようになった、R・リー・アーメですよね。
軍事技術指導に来ていたのにまさの出演することになるという。
元の、軍曹役の人は、ヘリコプターから、ベトナム人を無差別に殺しまくる彼です。
観たときに、確認して観てください。
そして、R・リー・アーメイは、ディスカバリーチャンネルなんかで、銃を撃ちまくる担当になりました。
蛇足は、これくらいにして起きましょう。
知らない方のためにあらすじを記載して起きます。
アメリカ海兵隊に志願した若者が、訓練を受け、ベトナム戦争の前線へと送り込まれていく。
ジャングル戦と思いきや、テト攻勢に出たベトコンとの市街戦を描く。
このように、前半お訓練と後半の、戦争へいって戦うシーンの2部構成になっています。
前半では、海兵隊の厳しい訓練お様子が手に取るようにわかります。
またこの映画には、たくさんの見所があるのですが、やはり、一番は、映画のラストシーンで、みんなで「ミッキーマウスマーチ」を歌うとこです。
最後に、鳥肌がたってしまいます。
でも、銃が好きな人からするとかなり残念な映画でもあります。
劇中で使用している銃が、日本のモデルガンなんです。昔「アームズ」って雑誌にも掲載されていたのでまず間違いありません。
ちなみに、今はなき、MGCという会社です。
これは、本当に残念極まりありません。
本当に銃撃戦がいイマイチな印象でした。
でも、一見の価値はある映画です。