wagonwheelarts

サッカー部を退部して暇を持て余す陽気な高校生セトと授業の後塾に行くまでの時間の暇つぶしをする秀才で少々暗いウツミの二人の高校生がただいつもの河原でおしゃべりをしたり、独自のルールでゲーム対決をしたりするだけのドラマです。

この内容だけだと、とても退屈でつまらなそうに思えるかもしれませんが、ウツミの家庭内ネグレクト的な問題やセトの両親の離婚問題などと、セトを好きなちょっとかわったハツミちゃん、ウツミに気がある美少女樫村さん、いつもゲームの時に審判をかって出てくれる名前から顔まで左右対称のまさに審判うってつけの田中君、ドラマなのに覚えにくい顔だからと最初から最後まで顔にぼかしの入っている馬場君など深い味のあるキャラクターが絡んでものすごく面白いドラマになっています。

とくに絵しりとりやトランプのばば抜きなどウツミ視点とセト視点でものすごいギャップがあるのに最終的にうまくやり取りが出来てしまっているシュールさがたまらないです。
セトとウツミの掛け合いが絶妙でどの話もとても満足がいく話になっています。
またハツミちゃんの人の観察力がすばらしく的確で皆色々と言い当てられていて見ていてすっきりします。
ウツミとウツミをネグレクトしている両親との確執がどのように終わるのかも物語中にふせんが含まれていて、ただの娯楽ドラマだけで終わらせていないところも良いと思います。
笑わせようとしていないのに、見ていると声を出して笑ってしまう、しかも肩の力を抜いてみることができる、観た後もすっきり爽やかな気分になれるので最近疲れている人にとくにお勧めのドラマです。